犬の散歩

ペット葬儀のあり方

ペット葬儀のあり方は非常に多様化しています。
ペットが家族の一員であることで、家族の墓の近くにペットのお墓を建てたいという考えがあったり、ペット火葬して遺骨が入った壺は自宅内に置いておくという考えがあったりといろいろです。
ペットとして生まれてきたので、ペットが亡くなったらペット霊園にしようという考えもあります。家族との交流があった思い出として、ペット葬儀はペットの写真をいくつか飾って偲ぶという気持ちでやるというのもたくさんあります。

ペット霊園は、亡くなったペットと飼い主が永遠に一緒に眠れる墓地なので、すごく幸せで安らかに眠れるオアシスのようです。
家族同様にペットを取り扱うという視点で海の近くなどの広大な土地にペット葬儀場とペット霊園の増設をしています。
ペットを土の中に埋めるのに抵抗がある人は、ペット火葬をして自宅の中に遺骨が入った壺を置くことで、家族は何かと落ち着きます。
このように、今後は海の近くの静かな環境でペット霊園やペット火葬場を作りたいという要望が増えていき、思い出をいつまでも残しておけます。
草木、植物と一緒に地球上に生存していたすべての生き物は亡くなっても、自然を永遠に見守るという視点で、自然愛好家の間で、ペット葬儀やペット火葬の考え方が非常に普及していくことが予想できます。
さらに、将来は土地の有効な活用法を巡って、人間とペットとの共存のあり方を幅広く議論するようになり、若い人たちの参加が期待できます。

寝ころぶ犬

ペット火葬も大切な儀式です

この世での姿にお別れする最後の瞬間がまさにペット火葬です。
通常、ペット葬儀を行う業者であればペット火葬も行っているか、提携のペット火葬の紹介があるはずです。
こちらも飼い主の思いを汲んで火葬を進める業者さんを見つけることが重要です。
そして思い出の日に大切にしていたペットに話しかけることのできる場がペット霊園です。
生前、緑の中を走り回るのは好きであったペットなら郊外のペット霊園、マンションのソファの上で飼い主といつも一緒にあるのがスキだったペットなら居住地近くのビル型のペット霊園がよいでしょう。
そこなら、思い立ったらすぐにお墓に語り掛けることができます。
ペット霊園も寺が経営しているものもありますが、それ以外のものであっても、永続的にペット霊園として存続するものかどうかを確認できれば安心です。

ペット葬儀でお別れを
核家族化が進み、ペットは家族の一員として愛情をかけて育てられ、ある夫婦にとっては子どもとして、ある家族にとっては子どもの兄弟姉妹として、大切に大切にされています。
しかし、ペットの寿命は人間よりも短く、愛するペットとのお別れの日も、やがてやってきます。
ペットを失った悲しみから、ペットロス症候群を発症し、摂食障害やめまい、疲労感、うつ病など、精神的・身体的不調を訴える方も増えているようです。
しかし、旅立つペットは、家族のそんな姿を望んでいるでしょうか?ペットのためにも、家族のためにも、心の整理をつけて、ペット葬儀できちんと送ってあげませんか?ペット葬儀を行っている葬儀社や火葬場、ペット霊園は、全国各地に存在しており、その需要も増えています。
ペットも人間と同じように火葬します。
土葬は、自分が所有している土地でのみ可能ですが、臭いなどの問題もあるため、火葬するのが一般的です。
ペット火葬は、家族が直接ペット火葬場へ運ぶか、業者に依頼して運び、行います。
また、ペット火葬用の設備を整えた移動火葬車で行うこともあります。
遺骨は、ペット火葬のあと、自宅やペット霊園などで供養します。
ペット霊園には、共同墓地と個別墓地があります。
納骨堂を備え、定期的に読経してくれるペット霊園も多くありますので、家族の気持ちに沿った供養をしてあげてください。
ペット葬儀は、旅立つペットとの最後の思い出です。
ペット葬儀で心に残るお別れを。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031